ファッションサングラス(デザイナー・オリジナル・オーダーメイド)

 

サングラスの必要性とは?

最近「紫外線が目に悪い」とよく耳にしますが、日常生活で多少の紫外線を浴びることは目の機能には大きな影響はありません。

しかし長時間強い紫外線を浴びると、眼病(白内障や角膜炎、黄斑変性症という視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気)の原因になる可能性があります。

 

 

 

特にスポーツ、登山、海水浴などアウトドアや農作業など、長時間強い紫外線の中で過ごす場合はサングラスを着用して目を保護しましょう。

登山用に便利なメガネ・サングラスレンズ

 

 

紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表示されています。「紫外線透過率0.1%以下」という表示のサングラスは、紫外線を99.9%以上カットするという意味です。このレベルですとかなり高性能なレンズといえます。

「紫外線カット率」と表記しているサングラスはカット率の数値が高いほど性能の良いレンズです。金額は品質によって様々ですが、日本製のレンズが安心です。

また「可視光線透過率25%」とは自然光100%の内75%をカットするという意味です。眩しさ軽減度合いを実際に屋外で確認してみるとよいでしょう。

 

また濃いレンズの紫外線カット率が低いサングラスを使用すると、目に悪い影響を与える可能性があります。

目は暗いところでは瞳孔が開き、より多くの光を取り込むようにできていますが、紫外線カット機能のない濃い色のレンズで強い光を多く浴びると瞳孔が開いた状態になって多くの紫外線を目に取り込んでしまうからです。
白内障とサングラスのおはなし「この差って何ですか?」

 

当店では安心してご使用いただけるよう「紫外線透過率」の低い日本製レンズを取扱いしております

濃いサングラスの目への悪影響についてこちもご覧ください→白内障とサングラスのおはなしのページ

 

 

 

どんなサングラスカラーがいいの?

レンズカラーも色々あって迷いますよね。それではカラー別にオススメさせていただきます


スモークレンズは光の波長を平均的にカットするので色調変化が少なく自然に見えます。

 

 


ブラウンレンズは多少赤味かかって見えますが、まぶしさ防止に加えてコントラストがあがりクッキリ見えます。

 

 


スモークレンズ同様、光の波長を平均的にカットするので自然に見えます。レイバンサングラスはグリーン系が多いですね。

 

 


イエローレンズは視界を明るくするカラーなので曇りや雨の日、夜間でも明るく見えます。
またシューティングなど競技用としても使用されています。

 

 


ブルーレンズは太陽光などの黄色やオレンジ系の光をカットしてコントラストを下げ楽に見えます。

用途やフレーム合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

どんなサングラスが似合うの?


お洒落さも大事ですから、あなたにマッチしたカタチ・色・サイズ感などをご提案いたします♪(デザイナーサングラス・オリジナルサングラス・オーダーメイドサングラス・伊達サングラス・度入りサングラス・調光レンズ・偏光レンズ・可視光調光レンズ・ガラスサングラスレンズ各種対応可能です)

また、品質、仕上げ、フィッティング性などにもこだわって私が厳選したサングラスばかりです

 

あなたにピッタリなサングラスが見つかりますよー♪

 

サングラス一例

 

Gallery


ドイツデザイナー


日本人デザイナー


わたくしデザイン


日本人デザイナー


ドイツデザイナー


日本人デザイナー


フランスデザイナー


日本人デザイナー


日本人デザイナー


わたくしデザイン


日本人デザイナー


日本人デザイナー


わたくしデザイン


日本人デザイナー

 

 その他ご希望に合わせてお作りいたします。
お気軽にお問い合わせください。